« 三国志GvG その1 | トップページ | ☆1積載量(データ追加) »

2006年10月 7日 (土)

三国志GvG その2 対戦方法

まず、対戦方法について。

以前はイベントといったら盗賊対ハンターが良かったのですが、アップデートしてからというものの気軽に職を変えれなくなってしまいました(-_-メ;)

とはいっても、もしマント戦にしてしまうと、その場で復活できてしまう為、死んだ場合のペナルティを課しづらくなってしまいます。(「死んだら一旦自陣まで歩いて帰らなければいけない。」などの不自然なルールは試合を複雑にしてしまいます。)

とすると、残る対戦方式はギルド戦争だけになってしまいます。ギルド戦争なら死んだ場合は帰還しなければいけないので、ペナルティは課し易いです。が、ギルド毎のメンバー構成はかなりばらつきがあり、とても公平な戦いは出来ないですよね。

そこで、1対1のギルド戦ではなく、多対多のいわば同盟戦にしようと思います。そして、3つの同盟にギルドを分けます。

三項同盟対立 例えばguild A~guild Fまでの6つのギルドがあったとします。

この場合、右のように2ギルドずつ3チーム作ります。試合開始前にguild A,Bのギルマスはguild C,Dに対してギルド戦を申し込みます。C,DはE,Fに対して、E,FはA,Bに対してそれぞれ申し込みます。

AとBは本当の同盟である必要はありません。しかし、同盟を組んでいれば同盟チャットで応援を呼んだり作戦を立てることが出来ます。なので、ぜひ同盟ギルド単位でイベントに参加してもらえると、面白くなると思います。

もしあるギルドが他のギルドより少しだけ強かったとしても、敵は常に自分たちの倍の数だけいることになるので、簡単には勝てません。3すくみの関係では少しくらいの戦力の差は、戦略で埋めることが出来ると思います。

今回は対戦を実現させる為だけに、(つまり職服の代わりとして)ギルド戦を用います。よって、戦争ポイントによる勝ち負けは無視します。勝敗は、どれだけたくさんの陣地を支配していたかで決定します。次回は陣地の征服条件について公開します。

|

« 三国志GvG その1 | トップページ | ☆1積載量(データ追加) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117171/3720880

この記事へのトラックバック一覧です: 三国志GvG その2 対戦方法:

« 三国志GvG その1 | トップページ | ☆1積載量(データ追加) »